女性の薄毛ってどうして?年だからってあきらめない#どうする

あなたは女性なのに薄毛で苦しんでいませんか?

薄毛って主に男性の問題ですが、今は、髪が薄くなって苦しんでいる女性が増えています。

このような女性の薄毛の原因は男性とは異なるため、予防策や改善策は異なります。

正しく理解してから薄毛対策をしましょう。

 

薄毛で落ち込んでいる女性が増えている?

現代では、ますます多くの人々が男性だけでなく女性も薄くなることに苦しんでいます。

現在、日本の女性で薄毛に苦しんでいる人は500万人を超えると言われており、10人に1人の女性が苦しんでいると計算されています。

昔から言われてきたように、「髪は女性の命です」髪は人の印象を大きく変えます。

顔の額縁とも呼ばれる髪が非常に重要な位置にあると言っても過言ではありません。

女性であればそのような薄毛になる髪を防ぎたいのです。

女性の間でさえも、髪の毛が薄くなる原因と髪の毛が落ちる部分は異なります。

薄毛の種類や原因に気付かなければ対応できませんので、まず第一に、判断することが重要です。

あなたの薄毛の状態と原因に直面することは非常に重要です。

「最近、背景が目立つようになりました」

「シャンプーをした後、排水溝にたまる毛の量が増えたように感じます。」

「薄毛?、以前と同じように、髪がまとまらなくなってきた気がする。」

「薄毛は昨年よりも確実に進歩している」

あなたは、こんなふうに苦しんでいませんか?

この記事では、聞きにくい薄毛の原因と特徴、女性にとって重要な髪の毛、そして今後の薄毛予防とその対策についてまとめてみました。

薄毛チェック

 

女性の薄毛対策の前にまずセルフチェックをしましょう。

たとえあなたが今それほど薄毛で心配していなくても、可能性が高いならば、予防措置を早く取ることは重要です。

髪と頭皮で薄毛の危険性をチェックしてください。

  • 髪は柔らかくなり、コシは消えていました。
  • 髪が細くなった。
  • 髪の毛のボリュームが減少している
  • 発毛が鈍化しました
  • 髪の色が薄くなり、茶色と白っぽい部分があります
  • ストレートヘアからウェーブに変わりました
  • 分け目部分が目立つ
  • 短い毛の抜け毛が増えました
  • 頭皮にかゆみが出ている
  • 髪と頭皮がベタベタ
  • フケが増えている

そのうちの1つでも気になることがある場合は、薄毛がすでに始まっている可能性があります。

薄毛や抜け毛がまだ気になっていなくても、早急に予防対策を始めましょう。

普段の生活で薄毛のリスクをチェック!

  • ストレスを感じます
  • 冷え症と貧血があります
  • バランスの取れた食事は食べていません
  • 睡眠不足を感じます
  • 喫煙習慣があります
  • 私はよく酒を飲みます
  • ダイエットを頑張っている

これは、それが薄毛になるだけでなく、乾燥肌や肌老化を引き起こす可能性があるというリスクです。

美しい髪、美しい肌を目指したい人のために、きるだけ早くライフスタイルを見直すことが重要です。

冷え症がひどい場合や貧血がひどい場合は、病院に相談して治療してください。

このように、女性の薄毛対策と肌の老化ケアには多くの共通点があります。

頭皮も肌の一部なので、対策は非常によく似ています。

 

女性の薄毛って増えてるの?

1)栄養不足により女性の薄毛が増加

肌と同じように髪は栄養が不十分である場合は成長することはできません。

過度のダイエットは自然に髪にも栄養が行かなくなります。

また、睡眠中に出る成長ホルモンによって髪が成長します。

あなたが慢性的な睡眠不足または睡眠障害になるか、またはあなたが良い品質の睡眠ができていないならば、成長ホルモン分泌の量は減少し、そして髪の成長は止まります。

言い換えれば、栄養と睡眠は髪の生育において非常に重要な要素であると言えます。

しかし、この重要な2つが不十分な人が増えています。

女性も社会に入り、忙しい生活を送るようになったからと言えるでしょう。

2)ストレスが女性ホルモンを不安定にし女性の薄毛を増加させる

ストレスや女性ホルモンの不安定から薄毛になる場合があります。

また、ストレスや女性ホルモンの乱れ障害が増えると脱毛が増える傾向があります。

女性ホルモンの1つである「エストロゲン」は髪を作りますが、女性ホルモンは更年期に達すると徐々に減少するため、髪が細くなるか、髪の量が減少します。

過度のストレスがあっても、女性ホルモンは乱されるので、通常のホルモン分泌はできないので、髪は同じように細くなります。

ストレスがうまく発散しない場合は、髪も影響を受けます。

3)女性の薄毛の原因の一つは、髪のダメージです。

髪を傷めるのは良くありません。

カラーリングとパーマは頭皮にダメージを与える要因の1つですが、何もしていない人は少ないので、現代のスタイリングのためにカラーとパーマをする人が増えています。

これらのさまざまな要因が重なり合うにつれて、女性の薄毛が増加したと言えます。

 

女性の薄毛の根本的な原因を知る!

1)頭皮の環境悪化により薄毛が進行する

女性の薄毛の数が増えている理由は、栄養バランスの悪さ、ストレス、女性ホルモンのバランスの乱れ、髪の毛や頭皮の損傷であると伝えました。

女性の薄毛のもう一つの原因は老化、すなわち加齢です。

これら5つで頭皮の環境が悪化するのは、女性の薄毛の根本的な原因です。

バリア機能の低下とターンオーバーの乱れが原因で肌の乾燥や老化が起こるのと同じように、頭皮にも同じことが起きています。

お肌の場合、肌の乾燥により毛穴、ほうれい線、しわ、しみなどの老化のエイジングサインが目立ちますが、髪の毛の場合は薄くなり、脱毛が進行します。

2)更年期から、女性の薄毛は進みやすい

女性ホルモンは40代半ばに更年期に達すると急激に減少し、閉経期になると分泌はほとんどなくなります。

女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があります。

エストロゲンはあなたの肌と髪の代謝と水分をもたらすホルモンです。

そしてそれは肌と髪の毛のツヤやハリを与えます。

プロゲステロンは、その一方で、皮脂の分泌を活性化し、髪の量を増やす機能を持っています。

したがって、2つの女性ホルモンは髪と頭皮にとって非常に重要です。

しかし、更年期になると、女性ホルモンは急激に減少し、薄毛と抜け毛を引き起こします。

また、出産は、女性ホルモンが乱される理由の一つです。したがって、出産のために髪が薄くなることで苦しんでいる女性がいます。

 

3)コラーゲンが減って薄毛に?

最近の医学研究は、白髪と薄毛とコラーゲンの間に深い関係があることを発見しました。

コラーゲンといえば、肌のハリをもたらすタイプⅠコラーゲンあるいはベビーコラーゲンと呼ばれるタイプⅢコラーゲンが有名ですが、毛包幹細胞の17型コラーゲンが消滅すると、白髪だけでなく薄毛も進行し脱毛を起こすことがわかってきました。

老化によってDNAが傷つくと、毛包幹細胞は徐々に減少します。その結果、17型コラーゲンを減らすことによってそれは白髪および薄い毛を引き起こします。

4)女性の薄毛の原因はまだあります!

今リストアップされた他に、女性の薄毛の原因があります。

それは薄毛の遺伝、アレルギー、血行不良、心臓の病気や糖尿病、体や皮膚の酸化、糖化などです。

これらは肌荒れや肌のトラブルの原因に似ています。

 

女性のAGA

1)AGAとFAGA

女性の薄毛の原因、種類および特徴は男性とは異なります。

男性の薄毛は「男性ホルモン依存性脱毛症」です。

つまり「AGA(Androgentic Alopecia)」です。

これは発症における男性ホルモンの主要な関与です。

男性ホルモンであるテストステロンは、毛包に存在するタイプII 5aのリダクターゼ酵素と結合し、「ジヒドロテストステロン」(DHT)と呼ばれる物質を作り出します。

この「DHT」は、髪の毛の成長を妨げる、薄毛の原因物質です。

実際には、女性でさえ男性ホルモンの影響によって薄くなることがあります。

これは、男性のAGAと区別して、「女性の男性型脱毛症(FAGA = FemaleAGA)」と呼ばれることもあります。

また、FAGAはびまん性脱毛症とも呼ばれます。

2)女性には男性ホルモンもあります

知らない人がたくさんいますが、女性の体内には男性ホルモンもあります。

したがって、男性ホルモンのテストステロンとジヒドロテストステロンは体内で合成され、髪に影響を与える可能性があります。

しかし、女性では、20代から30代の女性ホルモンである豊富なエストロゲンがあります。

そして女性のホルモン分泌が活発であれば、血中のテストステロンの濃度は男性の約20分の1です。

したがって、女性が若いときにAGAが行われる危険性は小さいです。

3)女性ホルモンの減少はFAGAの要因です

しかし、女性ホルモンは年齢とともに減少します。その後、男性ホルモンが比較的優勢になり、FAGAのリスクが高まります。

また、ストレス、過度の食事なども女性ホルモンによって乱されるので、それはFAGAの危険性があります。

4)AGAとFAGAの違い

男性の場合、頭のてっぺんやAGAによる髪の毛の生え際など、局所的に薄くなることが特徴です。

一方、女性の場合、FAGAは髪を弱め、全体的に薄くします。

FAGAでは、女性ホルモンは減少しますが、分泌されるため、薄毛になる割合はAGAほど高くありません。

ただし、AGAはフィナステリド治療薬で改善することが期待できますが、FAGAでは使用できません。

FAGAを改善するためには、ホルモンバランスを整えることが最も重要です。

したがって、人生を見直し、アンチエイジングを意識したライフスタイル習慣を心がけておくことが重要です。

5)女性AGAの治療

薄毛を治療する美容院や病院では、原因や症状に応じて、薬、外用薬、AGAメソセラピー、HARG治療、自毛植毛などが行われます。

いくつかの診療所は女性の薄毛治療を専門としています。

 

女性の薄毛の種類と特徴

FAGAを含め女性の薄毛は、大きく5種類に分類され、原因は抜け毛の場所によって異なります。

効果的な薄毛対策を行うために、種類、原因、および特性をしっかり確認しましょう。

1)頭のてっぺんが薄い

女性の薄毛は頭頂部の脱毛から始まると言えるでしょう。 「ひこう性脱毛症」と「脂漏性脱毛症」に分けられる2つのタイプがあります。

①ひこう性脱毛症
「ひこう脱毛症」の特徴は、ふけのような乾いたかさぶたが現れることです。

原因は頭皮の乾燥や誤った洗髪などです。

ふけが発生した頭皮は毛穴が塞がれて髪の成長を妨げるので髪を薄くします。

②脂漏性脱毛症
「脂漏性脱毛症」は、過剰な皮脂が頭皮に分泌されるときに起こります。

皮脂の過剰な分泌の原因としては、定期的にシャンプーしないこと、頭皮に合わないシャンプーを使用すること、シャンプー後のすすぎが不十分であることなどが挙げられる。

その結果、毛根が皮脂で塞がれ、毛が伸びにくくなります。

2)分け目の薄毛

分け目の薄い部分は「牽引性脱毛症」と呼ばれます。

多くの人が長い髪をしていて髪の一部に負担をかけ続けているために、薄毛になってしまったものです。

牽引性脱毛症の原因は、頭皮への負担と紫外線による損傷です。長年頭皮に重い負担をかける髪型を続けると、血行が悪くなり、栄養が毛根に行きにくくなります。それから髪は細くなり、そしてそれは引き切れるか、または抜けます。

また、分け目を同じ場所に保ち続けると、紫外線がその部分に当たり続け、その部分の肌が傷つき、髪を作るのが難しくなります。

3)全体的な薄毛

全体として薄くなるタイプの女性の細い髪は「びまん性脱毛症」と呼ばれています。頭全体がさらに薄くなります。

原因としては、頭皮の老化、ストレス、ダイエット、ピルの服用、過度のヘアケアなどがあります。

それは約30代から中高年の女性に見られます。

髪の毛全体が徐々に抜けて薄くなるので、初期段階では容易に認識するのが困難になります。髪のコシがなくなると、スタイリングができなくなり気付くことがよくあります。

4)出産により薄くなります

出産する人はみんなが経験する症状で、「産後脱毛症」と言われます。一時的に子供を産むときに髪の毛が薄くなるのは、女性ホルモンが生後一気に減少するからです。

生後6ヶ月から1年で自然に回復しますので、心配する必要はありません。

それをそのように受け入れる以外に選択肢はありません。

しかし、体力が回復しない場合、またはストレスが重なった場合、脱毛は止まらず、それがひどい場合は、円形脱毛症を伴う可能性があります。

5)円形または楕円形になる

抜け毛が丸いまたは楕円形になることを「円形脱毛症」と呼びます。それは、一カ所だけでなく、いくつかの場所で突然発症することを特徴とし、長い髪の人は気付かない傾向があります。ストレスやアレルギーが原因と考えられています。

この脱毛症は、「単発型脱毛症」と「多発性脱毛症」とに分けられる。

単発タイプが最も一般的な症状であり、1〜3箇所で約500円玉程度の大きさの脱毛ですが、自然治癒率は50%以上です。

多重型は単純型が周期的に繰り返し発生する症状です。脱毛範囲が広くなる恐れがあるので、医師に相談する必要があります。

 

このような女性は薄毛に気をつけて!

誰もが「私は薄毛とは関係がない」、「私は問題なし」と思いますか?

実際には、あなたは薄毛予備軍であるかもしれません。たとえあなたが今煩わされていなくても、これからリストアップすることに当てはまる人は注意が必要です。

1)ストレスの多い生活を送っている

とにかくストレスは女性の薄毛の最大の敵になります。

しかし、ストレスのない人はまったくいません。

社会に進出している女性はもちろん仕事のストレスを抱えています。

仕事だけでなく、家族の問題、将来への不安、人間関係などが原因で、ストレスがかかる人もいます。

これらのストレスは体を変調させ、髪と頭皮に大きな影響を与えます。

また、発生した薄毛への過度の反応は一種のストレスになるかもしれず、それは長期にわたる心配を引き起こすかもしれません。

現代の女性の薄毛に何らかの形でストレスがかかわっている可能性が高いです。

2)偏った食事をする

体に必要な栄養素が過剰なダイエットや偏った食事によって不足していると、全身の栄養バランスが崩れ、体調不良になることがあり、ある種の病気を引き起こすことがあります。

体の栄養状態が悪いと、髪の毛や頭皮に自然に存在するものも不足するので、抜け毛が増え、新しい健康な髪は作られません。

そのため、偏った食事をしている女性は、自分で薄毛をつくっていると言えます。

また、洋食を食べ続けるのはよくありません。高カロリー、高脂肪食は中性脂肪とコレステロールの増加を引き起こし、頭皮の毛細血管は目詰まりする可能性があり、栄養素が髪を作る頭皮に行き届かない可能性があります。

その場合、脱毛症の可能性も増えますので注意が必要です。

たとえあなたがよく食べていても、あなたが偏っているならば、それは女性の薄毛を引き起こすでしょう。

3)シャンプーが多すぎる

顔を洗い過ぎるのと同じように、髪を洗い過ぎると、頭皮に必要な皮脂も洗い流します。

そうなると、頭皮を体が保護するために、より多くの皮脂を分泌するようになります。

頭皮に入ってきたすべての栄養素が皮脂を分泌するのに使われるので、それは髪の作成が液なくなってしまいます。

そのため、結果的に女性は薄くなります。

1〜2日に1回洗うだけで十分です。

あまり洗う必要はありません。頭皮への悪影響を避けるためには、頭皮のシャンプーやトリートメントなどをしっかり洗い流すことが重要です。

 

女性の薄毛防止・改善対策

女性の薄毛は、生活習慣を見直し、家庭でヘアケアを見直すことで防ぐことができます。

薄くなったときのお手入れ方法もありますので、参考としてお試しください。

1)シャンプー・リンス・トリートメントの選び方・使い方

基本的には自分に合ったものを使うことです。

かゆみを伴うものは問題外です。

シャンプーは石鹸系、アミノ酸系、高級アルコール系の3種類に分類されますが、薄毛対策としてアミノ酸系界面活性剤のシャンプーを選びましょう。

洗剤が多すぎるとシャンプーは頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌を引き起こします。

すすぎやトリートメントには、シャンプーと同じ系統のものを使うのが良いでしょう。

これらは、キューティクルを保護し、髪の傷みを修復したり栄養を与えたりすることを目的としているので、頭皮にくっつかないように髪の部分だけに付着させます。

頭皮用ではないため、頭皮に付着すると炎症が起こり、脱毛を引き起こすことがあります。

2)育毛剤の使い方

髪を洗った後、シャンプーを使用した後、タオルで乾かした後、ドライヤーで約80%乾かした頭皮に直接適量を塗ります。この場合、髪に触れないように注意してください。

少しずつ塗り、指の腹でそっと浸透させます。それを数回繰り返します。薄毛が気になる部分と軽く他の部分に集中します。

ただし、すぐに頭皮マッサージをしないでください。

塗布から数分後、育毛剤がしっかり浸透したらマッサージをします。

その後、頭皮と育毛剤で濡れた髪を自然に乾かす。

急いでいる場合は、冷風モードでドライヤーを乾燥させてください。

3)頭皮マッサージ

頭皮マッサージをすることで、頭皮の血行を良くして抜け毛を防ぐことができます。

小指以外の指の腹を使って、適度な力をかけて頭皮を下から頭の上部に向かって押します。

これを約5回繰り返します。次に頭皮を軽くつまんで前後に動かします。

長時間マッサージをする場合は、頭皮に負担にならないよう、約5分で終わりましょう。

また、力がかかりすぎると頭皮に負担がかかるため、軽い力でやりましょう。

 

女性の薄毛におすすめの育毛剤

女性の髪の毛が薄くなることや抜け毛に効果的な育毛剤を使用することも良い方法です。どのような育毛剤を選ぶべきですか?

ここでは、おすすめの育毛剤を紹介します。

敏感肌の方でも使える花蘭咲(からんさ)です。女性の薄毛・抜け毛専用に作られた医薬部外品の育毛剤です。

詳しくは、

花蘭咲からんさ口コミ※評判の女性用育毛剤は使える?悪評とは?】

 

体の内側から考える女性の薄毛対策

1)食物による女性の薄毛化予防

女性の薄毛を防ぐための食品や栄養素の基礎は、美肌ケア用の食品と同じです。

食物の栄養バランスに注意しながら、さまざまな種類の栄養素を均等に食べましょう。

その中でも、タンパク質、アミノ酸、ビタミン、亜鉛などのミネラルが重要です。

タンパク質は肉、魚、卵、大豆製品(納豆、豆腐など)が豊富です。

亜鉛は魚介類や海藻が豊富です。

 

ビタミンAは緑黄色野菜、レバー

ビタミンB群は卵、大豆、肝臓、緑黄色野菜、乳製品、マグロ、かつお、サバ、イワシ、ピーナッツ、キャベツ、バナナ

ビタミンCは、アセロラ他の様々な野菜にそして果物

ビタミンEは、アーモンド、魚介類、野菜そして植物油

 

また、女性ホルモンのように作用する大豆イソフラボンを含む豆腐や納豆を積極的に食べることは、女性の髪の毛を薄くする対策に特に推奨されます。

逆に、砂糖を飲みすぎたり、アルコールを飲みすぎたりすると、髪に含まれる栄養素が減少するので、控えましょう。

しかし、食べ物で摂取された栄養素が効果的であっても、食べ物で薄毛に対する対策は、3ヶ月から数ヶ月間続けなければ感じられません。

育毛のサイクルは

  1. 毛穴の奥に新しい髪が生える
  2. 髪が頭皮の表面に達する
  3. 太くなり、髪の毛が頭皮を覆う程度に長く伸びます

これだけで、3ヶ月から6ヶ月かかります。

効果がすぐに現れないとしても、良い食習慣を続けることは、髪の成長と髪の毛の薄毛対策のために重要です。

2)冷え性を改善することによって女性の薄毛を防ぎます

プロゲステロンの分泌は血行が悪くなり、体が冷えると停滞します。

だからプロゲステロンを増やすために冷え性を改善することが重要です。

十分に入浴したり、シルクの下着でウォームアップしたり、靴下で足を温めたりすることで体の冷たさを防ぎ改善するのも女性の薄毛対策の一つです。

体を温める食べ物を積極的に摂取するのも良い方法です。

冬に旬を迎える、寒い地域で成長し、地面で成長し、暖色系、低水分、発酵食品などはあなたの体を温めるための食品の状態です。

そのような食品は、生姜、ニンジン、カボチャ、タマネギ、レンコン、ごぼう、ジャガイモ、グリーンピース、玄米、サーモン、納豆、キムチなどです。

3)生活習慣を見直し、髪の毛が薄くなるのを防ぐ

紫外線、タバコの喫煙、首と肩のこりは美しい肌の敵ですが、それはまた女性の薄毛と抜け毛の原因となります。

日中に外出するときは、肌だけでなく頭に帽子をかぶるなど、紫外線対策をしましょう。

薄毛が気になる方は、冬場の紫外線対策をお勧めします。

タバコは体と皮膚を酸化するので頭皮の老化を早めます。

健康のために喫煙を控えることをお勧めします。

また、近年問題となっている受動喫煙には、肌の予防や髪の毛の薄毛のためにも注意が必要です。

 

また、適度な運動とストレッチで身体を整え、髪と体を健康に保ちましょう。

もちろん、ウォーキングやストレッチなどの中程度の運動習慣を取り入れれば、髪にも健康にも役立ちます。

アンチエイジングを意識したライフスタイルを継続することは、永遠の肌、髪、そして健康のポイントです。

4)サプリメントでも女性の薄毛防止

亜鉛、エクオール、イソフラボン、ビオチン、葉酸、プラセンタなどのミネラルなど、頭皮や髪に適していると思われる栄養素を補給することも、女性の薄毛を防ぐ方法です。

ただし、食事や食物と同様に、薄毛予防の効果はすぐに現れません。

食品による栄養素の摂取を基本に、サプリメントは、必要に応じて心配される栄養素を補うことによって、薄毛を防ぐために使用されるべきです。

まとめ

女性の薄毛の種類や原因、予防対策や改善策を紹介しました。

どう思いました。 ストレスは現代の生活に必ず存在するものになりました。

ストレスがうまく発散しない場合、それは髪を薄くする原因となります。

女性はストレスや女性ホルモンに関わっているので、女性は特に注意を払う必要があります。

ストレスがあると、女性ホルモンの分泌が停滞し、髪の毛に大きな影響を与えるので、健康にも気をつけなければなりません。

また、女性は全体的に薄毛になる傾向がありますが、自分では理解するのが難しいため、ほとんどの人はかなり進行した後に認識します。

ですから、ひとごとと考えないで、毎日ここに挙げた原因や対策に注意してください。

特に頭皮の負担をできるだけ避けるために、シャンプー、リンス、そしてトリートメントは正しい方法で行うようにしてください。